top

インターネット予約 予約はこちら

ちはら台耳鼻咽喉科

はなについて

鼻は外鼻と鼻腔、副鼻腔によって構成されています。
なかでも鼻腔には、穴の中を通る空気を暖め、湿気を与え、埃などの異物を取り除き、さらに匂いを感じるといった、多くの重要な機能があります。 鼻の病気には、主に以下のようなものがあります。

主な鼻の病気

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出て来ます。風邪と違って、のどの痛みや熱などはともないません。

急性鼻炎

風邪と言われるのは、主にウイルスによって起こる鼻、のど、気管に起こる急性の炎症のことです。急性鼻炎とは、急性の炎症が鼻の粘膜に起こったいわゆる鼻風邪で、鼻水やくしゃみ、鼻づまりのほかに、多くの場合、鼻の痛みや咽頭痛、頭痛、発熱、全身のだるさ、食欲不振などをともないます。ひどくなると中耳炎や副鼻腔炎を起こすこともあります。

慢性鼻炎

急性鼻炎を繰り返したり長引かせたりすると、鼻炎が慢性化することがあります。鼻の粘膜が赤く腫れて鼻づまりが起こり、色のついた粘り気のある鼻水が長い間、出ます。早めの耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。

急性副鼻腔炎

風邪の症状が出てから1週間ほどすると、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、発症します。膿のような鼻汁が出ることがあります。頬や目の奥の痛み、頭痛、頭の重たい感じ、発熱などをともなうこともあります。症状が進むと、極めて稀ながら、目や脳まで侵されることがあります。

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎が治らずに慢性化した病状を慢性副鼻腔炎と言います。がんこな鼻づまり(鼻閉)で、一般的には「蓄膿症」と言われます。症状としては、鼻汁が絶えず出て来て、よく鼻をかむ、常に鼻がつまっていて、口で呼吸をしている、いびきをかく、においがわからない、頭痛がする、などがあります。

鼻出血

いわゆる"鼻血"と呼ばれる症状で、特に子どもの鼻血は日常よく見られます。その原因として、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻風邪などがあります。
これらの病気のために鼻の粘膜が荒れて出血したり、鼻水や鼻の痒みのため鼻をよく触って鼻の粘膜を傷つけ、出血したりします。
成人では、鼻のがんや、白血病などの血液の病気で鼻血が出ることがありますが、頻度は高くありません。
高血圧や肝臓病のために出血しやすいこともあります。
鼻出血の8割以上はキーゼルバッハ部位という場所からのものです。キーゼルバッハ部位は、鼻に指を少し入れたときに指先が内側(鼻中隔:びちゅうかく)に触れる部位で、ここにはたくさんの血管が集まっています。
出血がなかなか止まらない場合や鼻血を繰り返す場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。

舌下免疫療法

当院では舌下免疫療法を行っております。
これは「スギ花粉に対するアレルギー」を改善する治療法です。
シダトレンと呼ばれるスギ花粉から抽出したエキスを用い体質改善を行う治療ですが、適応条件がいくつかございます。

わかりやすく説明しているサイトがありますので右記ご案内いたします。
ご覧頂き、舌下免疫療法についてのご興味がございましたら当院へご相談ください。

このようなときは耳鼻咽喉科にご相談ください。

  • くしゃみや鼻水が止まらない
  • 粘り気のある鼻水が出る
  • 鼻の痛みが続く
  • 鼻に痒みがある
  • 鼻づまりが続く
  • 鼻にできものがある
  • 鼻血が出た
  • 嗅覚障害があるようだ
  • よくいびきをかく など
求人情報
診察予約について 便利なインターネット予約をご利用下さい。
主な診療内容
  • 耳
  • 鼻
  • のど
  • めまい
  • 睡眠時無呼吸症候群