top

インターネット予約 予約はこちら

ちはら台耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

文字通り、眠っている時に呼吸停止、または低呼吸になる病気のことです。
「いびきがうるさいと言われる」「日中眠い」「朝起きると体が重い」のいずれかがあれば、睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)の疑いがあります。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の無呼吸状態が続き、十分な睡眠が得られず、そのため日中の眠気を引き起こします。授業中や運転中でも居眠りを催すため、日常生活に支障の無いよう治療を行うことが重要です。
治療を引き伸ばすと交通事故だけでなく、高血圧や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血や糖尿病などの発症確率が正常な人と比べて大幅に上がります。

主な症状は下記の通りです。

睡眠時
  • いびきがうるさい
  • 呼吸が乱れる
  • 息苦しく目が覚める
  • 夜中にトイレに行く回数が増える

など

日中
  • 起床時の頭痛
  • 居眠りの頻度が高い
  • 倦怠感がある
  • 集中力が低下する

など

睡眠時無呼吸症候群の治療について

治療の主流は、下記の「CPAP療法」です。

CPAP療法による治療

CPAP療法などできちんと治療すれば、健常人とほとんど生存率は変わらないと考えられています。
家族などから睡眠中のいびき、呼吸の停止を指摘された場合はまず当院にご相談ください。睡眠時無呼吸症候群の可能性が高い場合、適切な検査を実施し、CPAP療法での治療を行います。

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)
鼻に装着したマスクより圧力を加えた空気を送り込むことで、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。
中等症から重症の患者さんにとても有効で、今や睡眠時無呼吸症候群のもっとも重要な治療法ともいえます。

求人情報
診察予約について 便利なインターネット予約をご利用下さい。
主な診療内容
  • 耳
  • 鼻
  • のど
  • めまい
  • 睡眠時無呼吸症候群